VISA・Mastercardでお支払いの場合はキャッシュレス5%還元(2020年6月まで)消費者還元事業対象店舗となりました!

 

Airペイ 使えるようになりました!!

 

 

 

 

【新着情報!!!】

不動産売却の時に家の家具や古い電化製品

 

その他いろいろゴミ処分すると費用も掛かります。

 

なんと当社では古物商許可されたので古家具でも家電製品でも買い取れます!

 

 

不動産をご売却頂くために 次に住む不動産情報も

 

セットでお勧めします! 個別の様々な生活プランに合わせて

 

ケースバイケースに対応します。

 

いつお売りいただけるか? 買取のお客様を探す場合も

 

いつかではなく「今」 迅速に丁寧に行います。

 

誰が担当するのではなく 私自身で最後まで誠心誠意対応します。


お客様との対話から工事をご提案します。 不動産の売却のご相談も同じです。

新築されて今まで雪が落ちても問題なかったけど 土地のギリギリいっぱいに建物建ってしまうと屋根の雪をどうするか悩みます。

 

そんな時に活躍できる当社の独自特許工法

 

ワンタッチ屋根上融雪パネル工法なら

 

①屋根はそのまま

②足場不要で

③ルーフヒーターを屋根上に設置するので大工作業員や板金作業員は要りません。

④この現場でも今は人不足なので私1人で3時間程度取付完了しました。

 

こんな風に近くに落雪してしまう場合でも

 

簡単になれれば一人でも数時間で設置完了

 

同じ要領で足場不要

 

大工・板金職人・設備作業員不要

 

私一人でも数時間(2~3時間)で

 

設置完了(電気工事別)

7.5M で520w程度

 

 

 

LED表示付き 操作盤

 

オプションでタイマー設定など追加できます。

2F 真上から見た写真

 

このワンタッチ屋根上融雪パネル工法がなければ大掛かりな大工三角屋根工事

板金工事 設備工事 足場工事など費用も

人も莫大に掛かるところを

 

当社ではおおよお1mあたり4万円

7Mで28万円から設置可能です。

 

 

気になる冬の状態はこんな感じです。

必要最低限の軒先だけ融雪しますので

 

出来るだけ電気代掛からないよう工夫します。

 

 

この装置がなければツララが大きくできてしまい困ってしまうところでした。

 

施工前 

 

雪が落ちた時に隣の敷地に飛び出てしまい

 

車に当たるのではないかと心配だった。

 

 

施工後

 

落雪は無くなるので、ツララさえ出なければ

 

自宅の窓を割る危険も隣の敷地に

 

勢いよく氷が落ちてしまうことも無くなりました。

 

「もっと早く施工していればよかった」と

 

言っていただき、エゾカポイントも付きました!


雪害・ツララ・落雪防止を解決!

こんな大きなツララが出来てしまえばいつ落ちてくるかわからず不安ですし、

氷の塊が落ちてしまえば、窓や外壁・車・人へ損害を与えてしまうかもしれません。

大倉山小スクールゾーンでもツララ落雪防止の実証!

設置前は学校の職員さんがツララを落としてくれていましたが、根本的にツララをなくさないといつ人身事故が確実に起きないよう貢献

札幌市のある自治会館でも利用者の住民の方の安全に貢献!

積雪地方は落雪の危険があると危なくて歩道を歩けなくなります。当社のワンタッチ屋根上融雪パネル工法施工後は安心して車も駐車できます。

大倉山小学校スクールゾーンの落雪・ツララの危険を防ぐ特許工法

無意味に屋根全部の雪を融雪する必要はありませんし、雪を滑らせて順々に融かせるほど甘く有りません。確実に雪止め金具で落雪を止めて、止めただけなら巨大なツララが出てしまうのでそのツララ部分を融かせば良いのです。



こんなに隣と屋根が近くても

落雪防止してツララになる軒先だけを屋根の上から融雪して下に人通りや車がない場所だと垂れ流しでOKです

工事見積もり目安は雪止め金具亜鉛ドブメッキ 1個950円 

概算でルーフヒーター 保護パネル

固定金具類 電線 その他込み

(足場は別途) 1mあたり4万円~

 

詳細は現場計測などで変わります。

ツララがプロパンガスボンベに当たりそうだったり、灯油タンクに当たりそうだったり

 

FFストーブの煙突に当たったり

 

良いことありません!!

 

低い屋根だからと言って雪落としても

 

氷が屋根にへばりついて(方言?)つるはしや鉄スコップで氷を砕かないとツララが落ちませんので危険です。

毎年 雪下ろしの事故も起きています。

雪止めフェンスを設置しても氷ごと雪が押して落ちた氷は除雪機でも飛ばせないので手作業で運ぶことになり 大仕事です。

こんなに建物が近い状態でも

 

軒先だけ必要最低限の融雪でOKです。

 

他社製の簡易ダクト屋根にも

 

当社では簡単に屋根の上から融雪パネルを追加できます。

 

2段 3段と増やすことも可能です。

6段ほど融雪パネルを設置した場合は

 

雪下ろし不要となります。

 

電気代は 200幅ルーフヒーター

 

1mあたり70wですので 写真の場合

 

70w×横5m×6段 2.45kw です。

 

 

電気代シミュレーションはこちらhttps://www11.hepco.co.jp/FW15/FWPs01101JuryodentoBShokika.do